うつ病で寝つきが悪い男性に

うつ病 寝つきが悪い.jpg

うつ病になってから、寝つきが悪いんです。

眠ろうと横になっても色々な考えが頭に浮かんできて、眠ろうとするほど、気持ちが興奮してくる事はないですか?

今の仕事に戻れる気がしないとか、今日は娘との公園遊びが楽しかったとか、良い事も悪い事も、次々に溢れてくる考えに、気持ちが興奮してしまって落ち着かず、眠れない日が増えました。

今まで「瞑想(めいそう)」などの自分に合う方法も試してきました。

関連記事:就寝前におすすめしたい不安や考え事でいっぱいの頭をスッキリさせる方法

今回は、うつ病で寝つきが悪い時には、「ハーブティーがいい」と聞いていたので試してみました。

男性は、ハーブティーが苦手という人が多いですよね?僕は、ハーブティーが嫌いでした。


眠れないよう‥
うつ病になってから困る事は、夜になかなか眠れない事から、生活リズムが崩れてしまう事ですよね。

特に男性は、仕事に対するこだわりが強いから、

仕事ができない
復職できるのか
妻や家族に対しての負担

等、色々考えてしまうと眠れなくなってしまうと思います。


落ち着かないよう‥
精神科の医師からは、「夜はしっかり寝ろ」と言われているから、睡眠の重要性はわかっています。

だけど、寝よう寝ようとするほど頭はさえてきて、ベッドにじっとしている事が苦痛になってくるんです。

うつ病になると、午前中を中心に、日中に頭や体が上手く働かない事多いですよね?夕方から夜に向かって、頭と体が動くようになってくると、つい動きすぎてしまって…。

興奮状態を抑えられない。

頭と体が興奮していると、時間になったから眠ろうとしても、頭と体はすぐにはお休みモードに成ってくれません。

寝つく前に、頭と体の興奮状態を落ち着ける必要があるんです。うつ病になる前は、考えた事もないですが、眠る前の準備は、寝つく、しっかり眠る為には重要です。


睡眠薬を使うには抵抗がある

※注意
全く眠れない、不安や焦りが激しくて耐え難い苦しさが続いているようでしたら、医師と相談して、睡眠薬や抗不安薬などの薬に頼るべき。人によって症状は様々ですから、薬に頼るべき時期が誰にでもあるのが僕の持論です。


薬に頼るほどではない。

でも、寝つきが悪くて、眠れない夜が辛いと感じているのなら、ハーブティーを試してみてほしいです。


寝つきを良くするのにハーブティーが良い!で、ハーブとは何?

ハーブは、一般的に料理の香り付けや保存料、薬、香料、防虫などに利用されたり、香りに鎮静・興奮などの作用がある有用植物。
引用:ウィキペディア
※有用植物とは、人の役に立つ植物の事。

ハーブと呼ばれる植物には、色々な種類があるそうで、そのハーブから抽出したお茶がハーブティーです。


ハーブティーは美味しくないと思いません?
僕は、ハーブティーが苦手でした。

うつ病になるまで、ハーブティーの香りや効能を楽しもうなど考えた事はありません。

ハーブティーの独特の酸味?が、美味しく感じられなかったんですよね。

以前からハーブティーを飲む機会はそれなりにありましたが、コップ一杯飲みきった事がありません。美味しく感じられないから、妻にあげると言って、飲んでもらっていました。

じゃあ、なぜ美味しくないハーブティーを寝つきをよくする為に試したかというと、ハーブティーにも色々な種類があって、それぞれのハーブで味、癖、効能も違うと知ったからです。

コーヒーにも、酸味がある、こくがあるといった種類や味の違いがあるように、それぞれのハーブにも違いがあるんです。


ハーブにも色々な種類と期待される効能があった
夜の寝つきをよくするのに、ハーブティーが良いとインターネットで知ったので、早速試してみた失敗体験を先にご紹介します。

最初に試してみたのは、100円均一で売られていた「ローズヒップとハイビスカス」という2種類のハーブを組み合わせたハーブティーです。

見事に僕の嫌いな酸味のあるハーブティーで、またローズヒップとハイビスカスの効能は、残念ながら「美容」だったんですね。

興奮を抑えて寝つきをよくするハーブティーは、「カモミール」と呼ばれるハーブだったんです。


お茶の専門店で知ったカモミールの飲みやすさと効能
「カモミール」と名前くらいは知っていましたが、ハーブティガーがどこで売られているかなんて、僕にはたった1ヶ所しか心あたりがありませんでした。

それは【LUPICIA(ルピシア)】です。今は、大体どこのショッピングモールにも入っているかと思います。

なぜ、ここでハーブティーを取り扱っているかを知っていたかというと、ショッピングモールに遊びに行った時に、妻の隣で「美味しくない」と難癖をつけては、試飲を散々していたからです。

LUPICIA(ルピシア)の店舗に男1人で出向くと、早速女性の店員さんが、「何かお探しですか?」と声をかけてきてくれました。

自分から声をかけるのが苦手だったので、とても助かりました。もう買いたい物は決まっていましたから。「カモミール」

一応、店員さんに聞いてみました。
店員.jpg
店員

何か、お探しですか?

たぐ 吹き出し用.jpg

えっと…眠りやすくなるハーブティーは…

店員.jpg
店員

それでしたら「カモミール」が良いですよ。
眠る前に飲まれると、気持ちを落ち着けてくれますし。お相手の方は、ハーブティーは苦手ですか?

たぐ 吹き出し用.jpg

いや…よくわからないんですよね…

店員.jpg
店員

「カモミール」でしたら、癖がなくて飲みやすく、男性の方にも飲まれやすいハーブティーですよ。

たぐ 吹き出し用.jpg

それじゃぁ…「カモミール」をお願いできますか?



という感じで、白々しく店員さんに質問してみると、「カモミール」であれば、興奮を抑えて、なおかつ、飲みやすいというアドバイスをいただきました。


LUPICIAの「カモミールティー」を入れてみる
LUPICIA(ルピシア)の店舗で購入した「カモミール」を気が向いた夜に、試しに入れてみました。

購入したハーブティーは、SWEET DREAMS!(スウィートドリームス!)という商品です。

LUPICIA ジャケット.jpg


中を開けてみると、下の写真のように、色々な茶葉が入っています。

LUPICIA 茶葉.jpg

原材料名:ジンジャーカット、カモミール、ダイダイ果皮、ドライアップル、フェンネル、ブルーマロウ

内容量:25g(11杯分くらい)

価格:670円

賞味期限:約1年


お湯を入れてみました。熱湯で、3~5分、茶葉の成分が出てくるまで待つそうです。茶葉は、ティースプーン1杯分を使いました。

LUPICIA 抽出.jpg


5分後、熱湯が薄く黄色みがかった「カモミールティー」になったのがわかりますか?

LUPICIA カモミールティー.jpg


LUPICIAの「カモミールティー」を飲んでみた感想
「カモミールティー」は、ジンジャー(しょうが)の香りがして、コップに鼻を近づけるだけでも、心が落ち着くように感じます。

味は、飲みやすいしょうが紅茶(しょうが入りの紅茶)。

イメージがつきにくいかもしれませんが、ハーブティー嫌いな男でも、普通のお茶を飲む感覚で、「カモミール」を飲めました。

寝る直前にリビングに座って一口飲むと、「はぁ~ぁ」といった良いため息が出る。

胸につかえていたものがため息に混ざってとれてくようなリラックス感がありました。寒い日に、自動販売機で買ったホットカフェオレを一口飲んだ時のような気の抜けよう。

その後、ベッドに入ってすぐに熟睡とまではいきませんが、ベッドに落ち着いて横になってじっとしていられる位に、気持ちの興奮はおさめられました。


LUPICIAの「カモミールティー」のデメリットと注意点
デメリットを挙げるならば、普段使いには、ちょっと値段が高いかな?と思います。

注意点としては、ハーブティーを飲むことによる副作用もあるようなので、気になる方は、主治医の先生に一度聞いてみてほしいです。

それと、飲んだらすぐに眠れる事を期待すると、期待外れに終わります。薬ではないので、リラックスする為に使うという心構えで購入する方がよいです。


まとめ
うつ病で寝つきが悪い男性に試して欲しい飲み物として、LUPICIAの「カモミールティー」の体験談をご紹介しました。

ハーブティーが苦手でも飲めます!ただ、値段が高いので、月単位で使っていくのは難しいかもしれませんね。

寝つきを良くする手段が1つ増えるかもしれません。気になったら試してみてください。

LUPICIAホームページ


この記事へのコメント